力強い梁(はり)と束柱(つかばしら)、開放感溢れる総桧(ひのき)造り。ノスタルジックな歴史のドラマが今はじまる―。

飛騨高山は宮川近く、江戸時代の町家づくりの集大成とも言える日下部民藝館は国の重要文化財に指定されております。

歴史ある日下部家の家を当時のまま一般公開しており、ダイナミックな梁や束をはじめとする壮大な建築様式はもちろん、当時の生活が伺える囲炉裏や展示物、100万両かけて作られた迫力あるお仏壇など見どころ溢れる観光名所として古くより親しまれてきました。

近年ではその古き良き歴史を受け継ぎながら新しい風を取り入れるべく、高い吹き抜けでの響きを生かした音楽イベントなども行い、『見る』だけではなく『聴く』鑑賞のご提案などもさせて頂いております。

歴史深い当民藝館で、高山の人の温かさに触れながらごゆっくりとあなただけのノスタルジックな歴史のドラマをお楽しみ下さい。

写真

館長のブログ

お知らせ

この地で300年以上の営みを紡いできた名家「日下部家」が、1日1組限定のヴィラをオープン。日下部民藝館内をお客様のプライベートラウンジとしてご提供し、13代目当主の大切なお客様として特別な時間を提供します。 日下部民藝館は、同敷地に隣接する日下部家住宅の「離れ」を改装し、より深い文化体験をしていただくためのラグジュアリーヴィラ「谷屋」を今秋オープンします。

新たに暖簾をかけるこの宿では、ゲストに「日下部家の客人」として滞在いただくことをコンセプトに、森を中心とした自然の豊かさを体験できる特別なプログラムのご案内や、飛騨高山を代表する料亭がお客様のためだけに腕をふるうひとときをご提案させていただきます。

また夕刻以降は、隣接する重要文化財「日下部民藝館」を貸し切り、プライベートラウンジとしてご利用いただくことが可能です。民家建築の最高峰ともいわれる豪快な梁組みと広い土間は、代々の当主たちが守り抜き、このまちに息づく伝統美を感じられる空間です。日下部民藝館の真の価値は、空間に差し込む光と生まれる影のうつろいを感じながら、当主とお酒を交わし、ゆったりと過ごしていただいてこそ実感していただけるもの。

大きな囲炉裏を囲んでのお食事、音楽の演奏や、芸者さんのお座付きの手配をはじめ、飛騨高山の文化複合施設としてここでしか得られない体験を提供いたします。

日本の宝である文化財を守り、活かすための新たな試み、日下部民藝館ともども何卒よろしくお願い申し上げます。

webサイト:https://taniya-hida.com/
オープン時期:2022年秋(10月10日予定)
ご予約開始:7月下旬予定
場所:〒506-0851 岐阜県高山市大新町1-55
問い合わせ先:
電話:(0577)32-0072
メール:contact@taniya-hida.com
担当:日下部暢子、上田万尋

当館の見どころ

周辺のおすすめスポット

イベントスケジュール

観光業者・学校関係者様へ

© 日下部民藝館. All Right Reserved.
Cookie情報等の取り扱いについて

季節